スターフライヤーの荷物制限情報

厳しくチェックされる手荷物

スターフライヤーでは機内持ち込みが可能な荷物と、チェックインの際に預ける受託手荷物があります。

機内持ち込み手荷物はハンドバックやカメラ、傘などの手回り品の他、規定内の手荷物1個に限られます。

この手荷物は重さが10kgまでのもので、3辺の合計が115cm以内のものと定められています。

さらに55cm×40cm×25cm以内のものとされている上、機内に収納できない場合は預け入れる必要がでてくるのです。

保安検査場で手荷物の大きさを確認するためのゲージを装着してサイズを測るため、ルールを守って持ち込むことが重要です。

また刃物などの殺傷力のあるものや爆発の恐れがある危険物は持ち込むことができない決まりとなっています。

受託手荷物の細かな規定

一方受託手荷物にも様々な制約があります。

3辺の和の合計が203cm以内であり一人あたり20kgまでと定められています。

個数制限はなく、この重量の範囲であれば何個でも預けることが可能です。

また、20kgを超える荷物も重量超過手荷物料金を支払うことで目的地まで運んでもらえます。

だだし1個あたりの重量が32kg以上のものや、総重量が100kgを超える場合は預けることができないため注意が必要です。

重量超過手荷物料金は1kgから10kgが2500円、11kgから20kgが3500円と重さによって変動します。

旅行ではついつい沢山のお土産を購入し荷物が増える傾向がみられるのでよく考えて購入しなければなりません。